鶴岡協立リハビリテーション病院ホームページへ病院の概要理念・基本方針・院長ご挨拶患者様の権利宣言交通のご案内お知らせ  

病院の概要

リハビリテーションの専門病院として、専門医をはじめとした専門スタッフが「人間らしく生きる権利の回復」をめざして総合的なサービスを提供しております。

診療科

  • リハビリテーション科・内科・神経内科・皮膚科

病床数

  • 療養病床 156床(52床×3病棟)

患者数

  • 1平均外来患者数  54人
  • 1日平均入院患者数 140人

主な施設基準・認可

  • 回復期リハビリテーション病棟(2病棟104床)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
  • 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション(Ⅰ)

介護保険事業

  • (介護予防)通所リハビリテーション施設
  • (介護予防)訪問リハビリテーション施設

研修指定

  • 日本リハビリテーション医学会認定研修施設

沿革

事項
1984 リハビリテーションと透析センターとして鶴岡市双葉町に開設(125床)
1986 理学療法、作業療法、言語療法の3部門確立
1991 リハビリテーション専門医着任
1992 透析センターをセンター病院に移設し156床に増床、介護強化型老人病院となる
1993 県内初の老人デイケア施設認可
2001 現在地に新築移転(回復期リハビリテーション病棟開設 1病棟52床)。日本リハビリテーション医学会認定研修施設
2004 摂食嚥下障害の診断治療に本格的に着手
2005 日本医療機能評価機構認定病院となる
2006 大腿骨近位部骨折の地域連携パスに参加
2007 庄内地域の医療機関と介護事業所を対象とした摂食嚥下セミナーを開催。以後毎年継続。
2008 回復期リハ病棟を2病棟104床に拡大
脳卒中の地域連携パスに参加
外来での電子カルテ運用を開始
2009 無料低額診療(社会福祉法に基づく第二種社会福祉事業)を開始
2011 「山形県高次脳機能障がい支援センター」受託
2012 訪問リハビリテーション開始
2017 病棟電子カルテ運用開始
▲このページのトップへ戻る
鶴岡協立リハビリテーション病院ホーム 病院の概要 ご利用のご案内 診療科のご案内 交通のご案内 お知らせ
個人情報保護方針 法人のご案内 お問い合わせ サイトマップ