ホームへ法人のご案内事業案内組合員活動交通のご案内求人情報  

医療生活協同組合やまがたの概要と歴史

医療生活協同組合やまがたの概要

名称 医療生活協同組合やまがた
創立 1964年12月6日
所在地 〒997-0822 山形県鶴岡市双葉町13-45
電話 本部: 0235(23)1316
組織部:0235(22)5769

医療生活協同組合やまがたの歴史

はじめに

2017年4月に庄内医療生活協同組合とやまがた保健生活協同組合が統合し、医療生活協同組合やまがたとして新たな歩みを始めました。庄内と村山のそれぞれの地域で、これまで築き上げてきた組合員組織や住民の立場に立った保健、医療、介護の事業と運動の力を統合し、医療生協運動を県内に大きく広める地保を築くことができました。私たちは、平和と権利としての社会保障の確立をめざし、住民の実情に合致する「地域包括ケア」の実現に向けて、これまで以上に地域に密着し、組合員に根ざした取り組みを進めるものです。
今日、高齢化の進行と認知症、少子化への対応が大きな課題となっております。「地域包括ケア」の構築に向け、行政や地域の医療機関、介護事業所との連携、協力は必要不可欠です。地域の皆様方と緊密な連携を図り、事業と運動を推進していきます。

沿革

2017年4月 グループホーム和楽居開設

1964年 6月新潟地震発生・・・民医連加盟の医療機関から救護班
全国の生協組合員からの地震カンパから10万円を医療生協設立準備会に
設立基金として寄付を受ける。12月6日創立総会
1965年 1月4日人見協立診療所としてオープン
1972年 常勤医として、佐藤満雄医師(現 理事長)着任
1973年 双葉町に鶴岡協立診療所を開設
1974年 10月 25床の病院化を実現
1976年 訪問看護開始
1977年 庄内初の人工透析
1978年 173床の病院完成。CT導入、脳外科開設
1979年 大山診療所開設
1984年 5月7日新鶴岡協立病院完成(移転新築204床)。14診療科でオープン
旧病院を庄内唯一の総合的リハビリ病院に改装
協立、双葉両病院で県内初の6時夕食開始
大山診療所新築移転
1991年 双葉病院が特例許可老人病院に認定
1993年 8月 三川診療所オープン
1996年 4月 老人保健施設「かけはし」開設
1998年 訪問看護ステーション開設
1999年 慢性疾患クリニック開設
2000年 協立歯科診療所開設
協立ケアプランセンター開設
ヘルパーステーション「ぬくもり」開設
協立デイサービスセンター開設(櫛引町 丸岡)
(大山 協同の家デーサービス開設)
2001年 リハビリ病院新築移転
10月 総合介護センターふたば リニューアルオープン
2002年 4月 鶴岡協立病院の内科・小児科外来を協立附属クリニックへ分離
鶴岡協立病院を全館禁煙となる
2003年 鶴岡協立病院 B病棟の増改築。人間ドック、健診スペースのリニューアル
2004年 鶴岡協立病院 療養環境・病室のリニューアル
2008年 厚生労働省から「消費生活協同組合法制定六十周年記念 消費生活協同組合等に対する厚生労働大臣表彰」
6月 リハビリ病院回復期リハビリ病棟二病棟に増設(二階南病棟)
2009年 4月 無料低額診療事業 リハビリ病院で実施
2010年 12月 ショートふたば増設移転
2011年 4月 協立病院に最新機MRI装置(3D撮影)導入
7月 リハビリ病院「山形県高次脳機能障害者支援センター」受託開設
2012年 4月 リハビリ病院訪問リハビリテーション開始
5月 医療型介護老人保健施設せせらぎ開設
2013年 5月 協立病院が震災被災者支援活動厚労大臣表彰
10月 協立病院リニューアル工事完了

 

▲このページのトップへ戻る

 ホーム  法人のご案内  事業案内  組合員活動  交通のご案内  求人情報

 個人情報保護方針  法人のご案内  お問い合わせ  サイトマップ